職種を知る
  1. HOME
  2. 職種を知る

印刷する

信頼を培う仕事

建物に命を吹き込む建築設備の仕事です!

どんなに優れた建築物も、空調や給排水、電気の設備がなければ、施設として利用することはできません。
建築設備の施工とは、人間でいうところの“血液”を流す道筋をつくり、建物に命を吹き込む仕事です。
私たちは、あらゆる建築物に空調や給排水などの設備を施工するプロフェッショナル集団。扱う案件は、オフィスビルや商業施設、学校から空港、工場、研究施設まで様々。幅広い案件を担当できるので、この先どんなにキャリアを重ねようとも、仕事がマンネリになることはありません。「利用者にとって過ごしやすい空間を創りあげる」という醍醐味を味わうことができます。

募集職種・分野

理系

空調衛生設備工事事業:施工管理・設備設計など
機器製造販売事業:機械設計・電気設計・生産管理・品質管理など

文系

営業、総務、経理、人事、購買、情報システムなど

代表的な仕事の内容

一つのプロジェクトが完成するまで、各部門はどのように関わり、つくりあげていくのか。
各職種の仕事内容と役割をご紹介します。

営業

photoimage

朝日工業社の技術力をビジネスに結びつける重要なポジションです。まずはお客様となる施主、建築業者(ゼネコン)、設計事務所などから、新築やリニューアル工事についての情報を収集することから始まります。集めた情報をもとに、設計部門と協力して、見積書を作成して提案します。受注後も、竣工するまで各部門のフォローをしながら案件全体に関わっていきます。

設計

photoimage

営業が集めてきた情報をもとに、建物の環境や用途から考えられる設備を検討して設計計算を行います。
その後、具体的に空調・衛生設備の実施設計図をCADで作成し、積算をします。お客様のニーズと、機能とコストのバランスを考慮しながら、プランを複数作成することもあります。技術的な相談に応じて提案を行うことも多く、設備設計のプロとして常に知識やアイデアが求められます。

施工管理

photoimage

現場全体をマネジメントしてお客様のニーズに合う空調・衛生設備を納めることがミッションです。まずは、設計部門からの設計図をもとに、実際の作業に必要な情報を加えて施工図を作成します。工事がスタートすると、品質管理・工程管理・作業員の安全管理など、全体の統括として現場をコントロールします。建物の規模も装置も大きく、予算の管理も任されるため、一企業の社長のようなダイナミックなやりがいを感じられます。